タングラムに集中。

保育園の日誌に、コーナー遊び(いくつか遊びのあるコーナーがあって、好きなところに行って遊ぶというもの)で、パズルと廃材と他あった中で、廃材コーナーが盛り上がってたのをよそに、ひなは一人でもくもくと、パズルにすごい集中していたとあったので、、、

家ではそんなそぶりを見せたことはなく(ていうか、大したパズルもないけど!)、興味あるとは思ってなかったのですが、そっか、結構そういうのも好きなのねと。

前からそろそろタングラムでもするかと考えてはいたので、買ってみました☆
もうひとつ難易度の高いものもありましたが、単純な三角形だけのものにしてみると。。。

ピンポーンとAmazonの荷物が届き、興味津津。


b0135895_1784615.jpg

タングラムを見つけると、寝る前というのにやりたがり、あっというまに1-3ピースはクリア、4ピースもほぼ。
5ピースとかになると、ちょっとヒントをあげたり、フォローしながらできました。
途中、「できんもん、ママやって!」と、すぐ諦めたりしそうになりましたが、回してみるように促したりするとできて、できると、「やったぁ!できた!」と大喜び。
この時は英語で話しかけていたのもあったので、"Can you say, 'I can do it!'?"と促すと、言えるようになっていました。

その後も、夜引っ張り出しては、やってみます。猫の形を、"Cat!"と言ったり。ある程度やった後は、ピースをキャンディーに見立てて、私に、"A candy please!"と言うので、"Do you want a candy?"と促すと、私に聞いてきました。そこで、"No, thank you!"と首を振って言うと、ゲラゲラ笑いながら、Candy(ピース)の入った箱をガシャーンとひっくり返してまきちらし、また箱に入れて、"Do you want a candy?"・・・
延々続きました(笑) "Yes, please."と言うと、"Here you are.”と言ってくれてました。

タングラムが進んだら、ずけいキューブつみきも、そろそろ立体の形を作れるようになるかな?

やっぱり、できることを誉められることで、伸びてくんだと思うので、難易度の低いものからのスタートで正解でした。Easy---->Challenging がいいよね!

[PR]
by akhrjp | 2012-06-20 23:53 | 子育て日記
<< 保育園:わんぱく広場 焼肉 いわみ(安佐南区中筋) >>